JUKIミシンショー①



7月3、4日の二日間
フリーモーションキルト専用ミシン
デモ をやらせて頂きました。

今、キルトの本場アメリカでは
このロングアームミシンが主流になって
キルティングに使われています‼

二日間、このフレームタイプとテーブルタイプを使ってみて、
すっかり気に入ってしまいました(´∇`)



QUILT VIRTUOSO PRO
キルト ヴァチューソー プロ

驚いたのは軽さ☆
指1本でも動かせる程~

レールに乗ったミシン
フレーム1.5mに設定時

前後 約45㎝、左右に90㎝
稼動範囲あります‼

もちろんフレーム3.0mに設定すると
ベッドカバーサイズのキルティングも
オールオーバーなどデザインによっては
一日で仕上がってしまいそう(^w^)

詳細はパンフレット

お値段も軽自動車なみ~
サイズもビッグ ‼‼



これがアメリカの一般家庭で使われているというのが、さらに驚きです~

社長ご自身の撮影動画も見せて頂きました‼
アトリエに使われてる部屋はブラインドからは湖が見え、
ちょっとしたキルトショップのような広さ

ミシンはベルニナ2台、TL(職業用)1台並び

このミシンキルトラインを読み込みながら70代?
私の母世代の素敵なキルターさんでした♪



読んで下さってありがとうございます‼

ミシンショーの話はまだまだ続きます~



スポンサーサイト
Category: ミシン

コメント

わ~~、良い経験でしたね~~。

ヒューストンで見ミシンの数々を思い出しました。住宅事情の違いを実感したものです。

置くところがない身には、ミシン並び置きのキルターはうらやましい限りです。


2015/07/06 (Mon) 11:23 | うさぬのや #mQop/nM. | URL | 編集

うさぬのやさま♪ありがとうございます〜
日本の住宅事情では考えられませんね‼
フレームタイプのミシンは店舗などディスプレイ用等これからどんな形で日本では使われるでしょう(^。^)

2015/07/06 (Mon) 17:22 | Naoko #/mLEVJNk | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する