ミシンキルト講座 修講式

修講式当日、いつもは自宅から始発電車ですが
8時過ぎにキャリーバッグ引きずってラッシュの東西線
会場に着いた頃にはグッタリでした(T_T)

いつもお会いできる先生方は採点のため不在
会場はイスだけが並べられ、講座中は一番前の席でしたが
受講番号順の席は後方で、とても寂しく感じました。

午前中は日本手芸普及協会についてのお話と
ミシンのメンテナンスについてでした。


ミシンの調子がおかしいときは
①針
②ボビン
③糸
この3つを交換するだけで直るトラブルが8割だそうです(◎o◎)!
そして、一番驚いたことは、注油が必要という事!!

職業用、工業用が注油が要るのはボビンやボビンケースが金属製なので
わかるものの、普段使っているコンピューターミシンの水平釜にも
注油が掃除分解した際などに必要ということです。
先日、針をまたまた折って(笑)分解したばかりですが早速やってみたいです~


さて、午後から先生方登場~
一人ずつお気に入りの作品と持ってショー&テル

そしてこの第6次の受講生は全員揃って認定証を頂けました\(^o^)/

本当にすごい事ですね~それぞれご家庭やお仕事の都合など様々な事がある中
全日程出席&全課題クリアは大変なことです~
良かったです(*^_^*)

先生に認定証を頂くとき、涙がこぼれそうになって大変でした(笑)

この講座に参加できて本当に楽しかったです♫
もちろん課題をこなす辛さはありましたが、教えて頂くのは
楽しいです。ミシンのテクニックは本での独学で知っていても
直接先生の実演を見せて頂きながら勉強できたことは
自分で試行錯誤していた時より数段早く理解できました~

もし、受講を悩んでいる方がいたら是非勧めたいと思います。

私もこの6次が金、土曜日でなかったら
参加できなかったでしょう、タイミングが合わないと難しいです。
子供たちが小学生だった頃、受講したハンドの養成講座では
食事の準備に悩み、今回はレミの世話のことで家族にかなり協力して
もらって参加できました。感謝です~

そして、菅原先生、福田先生、嶋村先生と事務局の皆さんの
おかげで、卒業できました~ありがとうございました。

また指導員の講座も参加できたらと思います。
もちろん修講式の後もいつものお楽しみ
渋谷に行って来ました~



金曜日の渋谷、相変わらずの混雑

ちびっこの私は迷子にならないよう必死でした(笑)

東急BUNKAMURA レオ レオニ展

展示スペースは絵本のカラーで
テーマごとに色分けされ、おしゃれな
演出でした~すっかりストーリーを忘れて
いましたが、原画を見てうちにも絵本があるのを思い出しました☆
スポンサーサイト

コメント

おめでとうございます~!!
私も日本に住んでたら、ぜひぜひ受講してみたいです。好きなことで、資格がとれたらうれしいですよね♪

2013/07/22 (Mon) 17:13 | トドこ in ハワイ #- | URL | 編集

トドこさま♪ありがとうございます☆

やはり独学より教えて頂くことは違いますね!
ハンドの時より嬉しいのは自分なりに考えて
作品を作ることが多かったからでしょうか(^-^)
ミシンもハンド同様、学ぶこと沢山ありますね~


2013/07/22 (Mon) 17:33 | Naoko #9ddNYhFo | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する