ミシンキルト講座9ヶ月目

今回も富士山見えず(>.<)残念…。
台風の余波、梅雨時期
おかげさまで珍しく
雨女でも降られる事、ありませんでした♪

講座ではミシンでオリジナルな素材を作る
テクニックを学びました。




さて、講座後のお楽しみは
昨年も出掛けた国立新美術館で
「貴婦人と一角獣」のタペストリー鑑賞して
来ました~(*'▽'*)
このタペストリーは学生の頃、機会逃して以来
数十年…やっと実物を見られ感激しました。

どのタペストリーも300×300㎝から400㎝を超える
大作ばかり~一部、色が褪せてはいましたが
500年前に制作されたものとは思えない鮮やかな色彩と
千花文様と言われる花々と様々な動物たち
豪華な衣装を纏った女性とライオン、一角獣の構図は、
絵画とは違った落ち着いた重厚な雰囲気にしばし浸れました(*´∀`*)

卒業制作で同じ綴れ織のタペストリー(100×150㎝)
半年がかりで大変苦労したのを思い出しました。


コラボメニューの牛肉のトマト煮込み
食べましたよ(^^)

来月の修講式までにまた、課題制作があります。
オリジナル作品が2点も含まれていて
どうなることやら   
厳しい1ヶ月になりそうです~ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する